ストレスの考え方とは

ストレスの考え方とはなんなんでしょうか?

 

一言にストレスと言っても、色々なものが含まれている為、どれがストレスで体に良くないのか分からないと思います。

 

仕事や私生活で影響するストレスなのか!

 

薬やなどの薬害的ストレスなのか!

 

これらのストレスはどのようにして、体に悪影響を及ぼすのか!

 

などなど、ストレスで体は色々な変化を起こし、それが体に良くない働きをしている事が病気や様々な原因が不明の症状に繋がる訳です。

 

胃が痛いの胃カメラや胃薬を飲んでも、症状はいっこうに治まらず、内臓的には全く問題ない!だけどこの胃の痛みは何!

 

なんていう経験がある人は、きっと体に何らかのストレスが掛かっている証拠だと思います。

 

そこでこのサイトでは、どのようなストレスが体に害をもたらしていて、どのような症状として表れるのかを説明していきたいと思います。

 

まずは性格が大きな原因を締めている!

こんな見出しだと反感を買われてしまいそうですが(汗)

 

なぜこのようなタイトルにしたかというと、人はそれぞれいろいろ感じがたをする!という事が前提にあります。

 

 

 

 

 

 

  1. 考え方
  2.  

  3. 思い方
  4.  

  5. 感じ方
  6.  

  7. 捉え方
  8.  

  9. 行動の仕方

 

 

 

 

 

思い方や感じ方はで、一つの事柄がとても変化する事が大きな影響を体に与えてしまうからです。

 

 

 

例えば自分の親族がに、不幸があった場合に、ある人は不幸の後1週間くらいで、その事を糧に普段の生活に戻れる人もいますし、逆に一生自分の中のトラウマとして残ってしまい、何に対しても悲観的に感じてしまう原因の一つとなってしまう。

 

こんういう形で人それぞれ感じ方が違うという事は、体に対しての影響も又人それぞれ違いが出てきてしまう!という事があるからです。

 

 

ですので、人の性格というのはとても大きな原因とし考えなくてはいけない事ですし、それが分かっていてもすぐに治せるものでもない!という事も言えるのです。

 

ここが原因としてある事から、ストレスが原因で起きてしまう病気はなかなか改善されにくい物として存在してしまっています。

 

このあたりも、いろいろ解説できたらと考えています。