化学的ストレス

化学的ストレス。
聞きなれない名前ですが簡単に説明すれば、「薬・お酒・栄養不足」から来る事を化学的ストレスと分類できます。

 

お酒は人間娯楽として昔から、親しまれていますがやはり飲みすぎては体に毒!という言葉があるように体にストレスとして負担を掛けていきます。

 

薬は現代の医療において、欠かせないものですが必ず副作用というものがリスクとして存在します。

 

ただの風邪薬のような物であれば何も心配ないのですが、睡眠薬や抗うつ剤、精神安定剤のどの薬はかなりの副作用の心配があり、なおかつ中毒性も高いため飲み始めてしまうと、なかなか辞めれない!という連鎖現象が起きてしまいます。辞めれない状態でストレス的精神疾患を患っているのにも関わらず、実はその薬の為に精神疾患陥っている!

 

という事が分かったとしても、中毒性が高いため止める為にカウンセリングや施設などが必要な場合も少なくないんです。

 

それだけ使い方を間違えると、麻薬のような効果を発揮してしまうので、本当に怖い事に繋がりやすいです。

 

 

薬局などで手軽に購入できる「鎮痛薬」もまた小量なが同じような中毒性の物が含まれているので、簡単に購入できるだけに副作用などに陥りやすいともいえます。

 

栄養不足の場合も、バランスのよい物を食べていなく、レトルト食品やジャンクフードなどを食べ過ぎている事で、精神的に充実時ていなく、なんらかのストレスが掛かると、耐えれないというような状況になってしまうとも言われています。

 

 

コレが化学的ストレスというように分類できます。