血液型のA型とストレスの関係

A型とストレスとの関係はどうなのでしょうか?

 

日本ではA型が多い為にデータとしては若干偏りがあるのは当然です。

 

しかし癌の発生率が一番多いのもA型と言うデーターがあるのでいちがいに「違う」という事は言えないと思います。

 

 

まずA型の特製で有名なのが「几帳面」「神経質」ですよね。

 

これは全員に当てはまる事ではないですが、特徴の一つだと言えます。

 

 

この几帳面や神経質が、いい方向に向かうならばいいのですが、そうで無い場合がストレス疾患に繋がりやすいと言われているのです。

 

まずは自分だけのプライベートの部分に対しての神経質ならば、OKだと言えます。

 

「部屋が汚いのがヤダ」「洗濯物の干し方洗い方」などです。

 

これらは自分でのこだわりとして心にあるので、これをこなしていれば、「満足感」がありますのである意味でストレス解消に繋がります。

 

ここで何がストレスに繋がるのかと言いと、この部分を人や他人に「汚される」「洗濯の仕方が違う」などのケースが出きた場合です。

 

自分がOKというラインに他人が手伝うなりした時に届かない時など、最初はいいのですが、だんだんチリが積もれば山となるという言葉のとうり、我慢が出来なくなります。

 

これがプライベートの時はまだいいのですが。仕事などの部分に出てくると最悪になります。

 

プレイベートならば「家族」「彼氏・彼女」の場合が多いので、ある程度言える環境ですが、仕事の時の場合は「上司や先輩」などにはこのような事はとてもいいづらいです。

 

このようにまずはほとんどの場合が集団での生活(会社も含め)の時が、自分とのギャップ感じてしまうのがA型の特徴だとも言えます。

A型の特徴その2

血液型がA型の人はとにかく気を使うのが特徴ではないかなと思います。

 

飲み会などの席で常に周りに気を使い「飲み物何にする」など人が飲んでいるコップなどに気を使っている人が多いような気がします。

 

ある意味で「気が利く」という言葉がふさわしいのではないかなと思います。

 

その為飲み会の席なのに自分が楽しむという事を忘れてしまい、後でどっと疲れるというような事に陥りやすい人が多いと思います。

 

自分ひとりになった時始めて落ち着く!という事になると、1日の内にいったい何時間その時間を作れるのか!と考えると他の血液型の人よりも遥かに少なく、気を使いっぱなしと言えるのではないかなと思います。

 

この辺のコントロールを身に付ける事で、いろいろな部分が変わるのではないかなと思いますが・・・・

 

この部分が変化をつける事で、ONとOFFの使い分けが出来る事で、自分が気を使うと言う部分をコントロールできるのではないかなとおもいます。

 

なぜ気を使う!という部分にクローズアップしているかというと、この気を使う部分がストレス疾患に繋がりやすきからです。

 

気を使うという言葉は一見いい事だと言う意味がありますが、気お使い過ぎると自分の自己表現が出来なくなるという意味合いがあるからです。

 

相手の事を思うが為に、言わなくてはいけない部分を押し殺してしまう!それに耐えられればいいのですが、これがとても重要な場合は、いつかは話さなくてはいけなくなります。

 

それをなかなか言い出せない場合、この重要な部分だけでなく小さな事も目に付くようになり、だんだんと積もって来てしまうからなんです。

 

そしてある部分に到達する事で、その人自身が爆発を起こし、自分の体に精神的疾患が出てしまうか、それとも相手にもの凄い大きな石を落とすかのどちらかになってしまうからです。

 

こうならない為にも、普段からのONOFFをコントロールする事が大事になってくるのです。