ストレスの遺伝?

ストレスの溜まりやすい人は遺伝するのか?

 

という事ですが、これは遺伝の意味が少々違うと思います。

 

体の体質などが原因での遺伝は癌などが当てはまりますが、ストレスの場合は性格や考え方などが似ている事が遺伝的な考え方と言えると思います。

 

親子ですから過ごす時間も長い事から、色々ない実での人間としての影響は受けると思います。

 

この影響がいい事悪い事両方を含めて人間は大きくなると思うのですが、やはりこの考え方自体が親の影響がつ用と思います。

 

持って生まれて来たものが両親の遺伝子ですから似ていて当然という場当然なんです。

 

そこでその性格が俗に言う潔癖症等がそうだと思います。

 

親も子も潔癖なんて事は良くあるわけです。

 

ですからストレス的なものを受ける時・感じる時も全くの他人から比べてみれば当然似てくるわけですから、同じような環境だと同じようなストレスを体が受ける可能性が高い!という事に繋がる訳です。

 

 

この事からストレスなどの遺伝という可能性の話が出てくるのだと思います。

 

こう言う例もあります。

 

娘が社会人になりパニック障害になってしまい、会社勤めが難しくなり、長期休暇を余儀なくされた所、当然その両親が一人分養わなくてはいけない事から、仕事の量を増やしました。

 

その結果母親もパニック障害にかかてっしまう!という例が最近では多く見られるようになってきているそうです。

 

という事で、「ストレスの遺伝」とはストレスクローズアップするのではなく、性格や環境という事からの目線という事でした。