胸の息苦しさ

ストレスが原因で息苦しさを感じる人もいます。

 

これは一見胸が苦しいため、心臓や肺の何らかの疾患という事に繋がりやすいです。

 

実際に病院に行って胸部写真や、エコなどを取ってもらうっても何の以上もありません。という診断を受けている人が多いと思います。

 

この際にデパスやメチコバールなどの血流回復薬を飲むと、息苦しさが楽になると言う人がストレスから来る息苦しさ!という事が言えます。

 

このような息苦しさなぜ起きるのかというと、人間はの心臓や肺は胸骨という骨で守られています。

 

しかし動きに制限を掛けるような守りかただと、心臓や肺の動きに支障が出るため、ある事でそれらをスムーズに行う工夫がされています。

 

それが深呼吸などした時の胸のふくらみが起きる胸の動きです。

 

この空気を思いっきりは肺に入れた時に、胸が膨らむ事で、心臓や肺に対して柔軟な動きをできるように体は作られているいます。

 

しかしストレスが原因で息苦しさがある場合は、この動きがとても悪くなリます。

 

その為一度の酸素摂取量が普段より少なくなるため、何度も呼吸をしなくてはいけない状態になり、息苦しさを感じる事に繋がる訳です。

 

この原因はストレスだけでなく、頚椎などの前屈などの影響もあるので、一外に言えない部分もありますが、可能性いとしては考えられます。

 

過呼吸

ストレスが原因で最初のうちは上記のような呼吸がなんとなく苦しい!という状態になりますが、この状態が長く続くと過呼吸に落ちいいるやすくなってしまいます。

 

過呼吸は良く若い人の病気・思春期の病気などと言われていますが、そう断定は出来ません。

 

成人になっても、過呼吸を持ったいる人もいますので、侮れない存在です。

 

 

過呼吸とは酸素を多く取り入れてしまう事で、呼吸困難になってしまう病気です。

 

対処法としては発作が出た時にビニール袋を口にして、自分が吐いた酸素が少ない二酸化炭素を吸うのがセオリーな方法です。ポイントとしてはビニールだと、苦しい場合があるので、紙袋をなどでやるほうが言いと言われています。

 

袋が口からズレてしまうと、なかなか発作が治まらないケースもあるようなので、しっかり袋を固定してあげることがポイントになります。

 

しかしなかなか落ち着かない状態が続くと、呼吸器系の筋肉に萎縮がひどくなり、筋肉弛緩剤や喘息などで使う吸引などをつかわなくいと落ち着かない事があるので、不安が強い方は携帯用の吸引機を持っている事をお勧めします。

 

 

過呼吸の話を取り上げましたが、ストレスが原因で過呼吸などに陥る人は自分の潜在意識の中に過呼吸になる不安!が上に残っており、チョットした変化で過呼吸が頭の中にちらつく事で、起きてしまう事の方が多いと言われています。

 

 

不安が頭の中に残り事でおきるパニック障害やメニエールなど近い種類の病気とされています。

 

ここもど症状になると、生活環境とても大きな原因となっている可能性が高いので、仕事などの転職や住まいの引越しなどを視野に入れて考えなくては行けないかもしれません。

 

専門医に相談しながら進めて行く事をお勧めします。