ストレスからくる体の変化

ストレスが体に大きく掛かる事で、体には何らかの以上が出てきます。

 

この時体には何が起きているのでしょうか?

 

血の流れが悪くなる事は説明しました。今回はさらに深く行きます。

 

どのようにして血の流れが悪くなるか!

 

交感神経よりの体になり、常に体が緊張状態になっている事がいえます。

 

本来ならば、仕事が終われば体の緊張はほぐれ副交感神経が働きだし、リラックスさせてくれますが、このバランスが良くないといえます。この状態が長く続けば体は間違いなく疲れが抜けない状態に、何をやっても上手く行かない注意散漫な状態に落ち散ります。

 

 

そうすれば仕事や勉強は上手く行かずにさらに頭から離れずにストレスの深みえとハマッテいてってしまうという事になる訳です。

 

当然血の流れが悪ければ、新陳代謝も落ちてきて、体の再生が追いつかなくなります。

 

この新陳代謝が行われる時に発生知るのが「活性酸素」と言われてい有名な物質です。

 

活性酸素は血流が良い事で体外除去されていきますが、血液の流れが悪ければ当然除去する力も衰えてくると言う事に繋がります。

 

体には確実な悪影響な状態に陥ってしまう事が言えます。