ストレスによる薬の効果

ストレスが原因で心療内科などに行き治療などの方法としては、カウンセリングや薬の投与が考えられます。

 

最近の薬は副作用が少なく、うつ病などは薬で治る!という研究成果が出ています。

 

代表的なのがデパスという薬です。

 

精神安定や睡眠、体の血流改善などの役目を果たしており、初期段階ではこのデパスで効果が出ると言われています。

 

他にも睡眠薬でのアプローチや血流改善のアプローチなど、その人の環境に合わして色々な薬を試していく事が今の最先端の治療法と言えるでしょう。

 

薬もその人に合う合わないがある為、睡眠薬と一言で行っても様々な種類が存在していて一定の効果が望めない可能性があると言われています。

 

その為に色々薬の飲み合わせなどを研究・試しながら治療を行う必要性があるのです。

 

 

最近では漢方なども取り入れている治療院もあるようで、いろいろな方法が考えられています。

 

ここで豆知識!

 

 

漢方は副作用が少ないいい薬剤!というイメージがありますが、それは大きな間違いです。

 

漢方にも副作用は存在します。

 

それだけ天然物の強力な薬草使っていると言う証拠になります。ただ闇雲に飲んでいても返って体に良くない事もありますので注意が必要です。

 

漢方薬が安全!というのは西洋医学で使う薬(薬物)よりも、体にはやさしい!というイメージがある為だと思います。

 

漢方を飲む時も必ず専門の知識を持った薬剤師に相談をしながら、飲み続けるようにしましょう。