ストレス疾患の理由

なぜ人間はストレスを抱える事で、病気になってしまうのでしょうか?

 

これは違う所で述べた、血液の流れにあります。人間の体は血の流れから始まり血の流れで終わると言っても過言ではないぐらい重要な事といえます。

 

 

この血の流れが何かか原因で、悪い状態が続けば、各臓器にシッカリ血液が循環していないと言う事になります。

 

血液は栄養などを各臓器運んでくれていますので、流れが悪ければ当然栄養もも上手く運べていない!という事になるわけです。

 

こうなってしまうと、各臓器はちゃんとした働きが出来なくなってしまうのです。

 

このような事が体中のいろいろな所で起きてしまえば、体は当然何らかの形で不調を出してくるという事になります。

 

 

ではなぜ血液の流れが悪くなるのか?

 

それが自律神経と深い関係があり、心と体の反応とも言えるべき事なのです。

 

すべてがそうとは言いきれませんが、ほとんどの方はこのストレスが原因で原因不明の症状に悩まされていると言われています。

 

その人の環境や生活習慣で様々なので、一概には言えない所もありますが、全体的に見てもほとんどの方が心に何らかのマイナス要因を抱えていると言う事になるわけです。

 

 

現代社会の不況ので自ら命を絶つヒトなどは、この究極の状態と言えるでしょう。