手足のジビレ

精神的ストレスを受けてしまい、手足に痺れが出るケースもあります。

 

特に手先や親指だけの痺れや・薬指と小指だけが痺れるなど、いろいろなケースがあります。

 

手足がシビレると最初に疑われやすいのが、ヘルニアなどの骨自体の原因です。

 

しかし検査しても骨に異常がない!とわかると何が原因かは解明できない時にだいたいがストレスと診断されます。

 

 

これにもある理由が存在します。

 

それは精神的なストレスのせいでの強烈な肩こりです。それも肩甲骨付近のコリが原因でシビレが起きやすいと考えられています。

 

なぜ肩甲骨付近なのか?それはこの近くにも自律神経叢が存在するからなんです。

 

大きく分けて全部で3箇所ある自律神経叢の近くは、やはりストレス的な事で影響を受けやすく何らかの症状出やすいといわれています。

 

この肩甲骨周りの筋肉のコリもまたその一つです。

 

 

そして肩甲骨の周りには腕神経が通っており、そこの上手く血液が流れていない為に手先シビレが起きてしまうという事になります。

 

この場合は軽く腕を回して上がるだけで、感覚が変化しますので頻繁に行う事で回復しやすいです。

 

それでけ筋肉が凝り固まっていると言う証拠になり、まさにこれが原因とされています。