低体温

低体温はストレスから来る事が多いと言われている体の症状の一つです。

 

人間の平均体温は36.3分と言われていますが、低体温の人は35度代の人の事を指します。

 

低体温は体の血流が悪い事が1番の原因ですが、なぜ起きるかと言えば交感神経よりの状態が続いているからと言えるでしょう。

 

 

自分で気が付かない状態でストレス化に環境があり、リラックスができない状態が続くと自然と血流が悪くなり低体温化してきてしまうと現状が起きてしまう事が言えます。

 

女性の場合はホルモンなどの関係でこのような症状になるケースもあるようです。

 

体を温めてもなかなか温まらないのが現状で悩みの一つと言えるでしょう。

 

特に末端(足の先端部分)が冷えるキッカケとなっていて、体を冷さないのが一番の対策と考えられます。